7/12/2019

サスペリア4Kレストア版の感想

立川シネマシティでアルジェント版サスペリアの極音上映を観てきました。アメリカのSynapse Filmsという会社が4年かけて4Kレストアをしまして、まずアメリカで去年、上映、パッケージソフトとして販売、そして日本でも今年、上映とパッケージソフトの販売が実現しました。35mmのオリジナルネガの保管状態が相当悪く、埃だけでなくて人の指紋までぺたぺた付いていたそうで、ということはオリジナルネガを手袋なしでかなり自由に触った人がいるってことです。
撮影監督のルチアーノ・トヴォリがレストア作業のカラーグレーディングを監修し当時の創作意図を再現。
音は当時、4チャンネルのディスクリートチャンネルサウンドでしたが、当時はこれが再生出来たのは限られた劇場だったと言われています。今回、音も当時を再現するようリミックスされ、半ばやり過ぎなほどにクルクル動く音を堪能できます。あるシーンで人のセリフが右チャンネル、ハサミの音がセンターチャンネルというのがあるんですが、これが例えば当時かなりクオリティが高いと言われたアンカーベイ社のDVDだと、ハサミの音が良く聞こえないのです。あまりチョキチョキ言ってない。今回のレストア版ではそういう音もクリアに聞こえます。
…と、まあ、これらは去年アメリカからBlu-rayを購入したときに確認できたことではあるのですが、かといって、劇場のスクリーンと音響システムで観られる機会を見過ごすわけにも行かず、と思い行ってきたわけです。で、実際どうだったかというと実は画質は家のプロジェクターで観た方が好みでした。マスターは同じはずなので劇場のプロジェクターの特性だと思うのですが黒が沈みきっていなくてコントラストがちょっと浅い。比べなければ全然問題ないのですし、他の方の感想を観てもレストアによる画質向上は高評価です。ただ、サスペリアってよく赤について言及されますが、光も案外重要で冒頭から暗闇の中で光るタクシーのヘッドライトとその周辺で照らされる雨の描写、ガラスに反射する顔とそのガラスのクリアで硬質な感じ、水たまりに反射する建物の存在感と水の冷たさ、そういうのは黒がひたすら黒く、明るいところは明るく描ける描写力によって訴えかけてくる力を持ちます。単にタクシーが走っている、ガラス越しに人がいる、水たまりがそこにあるという情報以上のものが写真や絵画の芸術と同様あるわけですから。
ただ、劇場のスクリーンで観られたことはそれだけで価値がある体験でしたし、あの音響システムで観られたことでサスペリアの音が本来持っていた広がり、移動、不安をあおる水流の音や人のざわめきを聞くことが出来たのは大きいです。これを体験するのはさすがに家では厳しいでしょう。
(写真は今までに買ったサスペリア)

7/08/2019

マジックの英語教室、こんな感じでした

6月23日・24日の一泊二日でマジックバー・サプライズのマジシャンとお客様親睦のための箱根ツアーが開催されました。そこで私はマジックの演技と、マジックに使う英語教室を担当しました。普段は英語方面に関しては、YouTubeでマジックに使うフレーズを解説したり、マジシャンに個別に特定の演技用の英語のセリフ作ったり、その言い方を教えたりなんてことをしてますが、今回は箱根で教室。

箱根にまで来て、大きなお風呂のある施設で、美味しく夕食を食べた後に「さて、英語を勉強するぞ」という人はなかなかいないだろうと思っていましたが、予想は当たり少人数制での進行。参加したのは主に実際の現場で英語の必要性を感じてる方々。サリトさんとかぺるさんとか。
前半は英語を話すときに、こう考えると文を組み立てやすいですよ、という捉え方の話とか、私がよく何かを説明するときに使う、
My job is a magician.
は、文法的に間違ってますよ、という話とか。

後半は、流れで参加者の一人の演技のセリフを組み立てていくことに。私の基本的な考え方としてマジシャン全員が全員、そこまで完全で、綺麗な英文を話す必要はない、と思ってます。マジシャンがかけることが出来る労力の総和を100とすれば、そのうちどれだけを英語に割くかは、これはもうマジシャン当人の選択次第ですし、どれくらいの完成度の英語を話すかも当人がどんなキャラクターで演じたいかによります。但し、いつも私が最初に説明するのは、例えば旅行英語なら自分の発した言葉がなかなか通じなくて、やり取りのプロセスが増えても通じればそれで良いですが、マジックとなるとスッと伝わらないと大切な瞬間を壊してしまう可能性があります。また、不思議なことが起こるときに発した言葉が伝わらず、観客の意識が「あれ? 今何と言ったんだろう?」と逸れてしまい、そこからマジックへと意識が戻ってやっと不思議を理解するなんてことになると、当然そのマジックはインパクトを失ってしまいます。
ですから、観ている側が殊更マジシャンの言っていることに集中しなくても、無理なく言ってる内容が頭に入ってくるレベルは必要で、そこを目指すレベルとしましょう、としています。

さて、具体的にどうセリフを作ったり直したりしていったかを、当日の例をかいつまんで説明してみます。例えば最初に
Invisible deck.
と言って、ある道具(!)を提示してたとのことで、そんなに「ジャーン!」って感じでないのであれば文にしましょう、と、
This is an invisible deck.
としたのですが、これ、一息にinvisible deckのとこまで言い切れればいいのですが、慣れていないとどうしても単語を一つずつ置いていくような話し方になってしまいがちで、その場合はinvisible deckに到達するのに時間がかかってしまいます。そこで、最終的には
This deck is invisible.
にしました。これだと最初に
This deck
と言えるので、話すペースが少しゆっくりでも様になりやすいです。

また、観客に「拍手~っ!」と言うようなイメージで
Clapping!
と言っていたとのことで、それが使い慣れていて負担なく出てくる単語なら、ここはそれで十中八九は通じるので良いとするか、または目的語を入れて
Clap your hands!
にしておくか…、と考えたところで、あることに思い至りました。すでにいくつかセリフを言ってもらってたのですが、LがRに近い音になる傾向がありました。これでも多くの場合は通じると思います。例えば動作付きで
I'm shuffling the cards.
と言うときとか。が、
Clapping!
の場合は実際、l出なくてrの方の単語も存在しているし、その意味がアレなこともあり、代わりに
Applause!
にすることにしました。

さて、このマジックのまさに不思議なことが起こる直前に使っているセリフを行ってもらったら、仮定法過去を使わねばならず、言い回しとしても言い慣れてない感じになってしまうので、そこは簡単な言い方に変更しましょう、と提案。肝心の時にセリフに集中しすぎてしまって、マジックの演技がおそろかになってしまっては勿体無いですから、ここはセリフの負荷を下げるべきと判断。でも、最初に私が提案したセリフは、その順でセリフを言ってはマジックが成立しないと言う類のものでして、あ、そうでした。うっかりマジックの仕組みの側面から考えるのを忘れてました。マジックのセリフは演技者の言いやすさ、伝わりやすさは勿論ですが、マジックの演技の構造的な面も考慮に入れないといけません。そこで、少し組み替えて微調整して今度こそ完成、と、そんなマジックに使う英語教室でした。
箱根まで来て英語とマジックに頭をひねるのもなかなか良いものです。

6/18/2019

TOEIC Speaking & Writing Tests (スピーキング&ライティング)結果


毎年恒例行事化しているTOEIC Speaking & Writing Tests (スピーキング&ライティング)を受けてきました。いつもはスピーキングだけなんですがちょっと気が向いてライティングを初受験。
ひとつ前のブログに書きましたが4月にもスピーキングを一回受けていてこのときは150でした。3年前から受け始めたテストですが毎年まずは150点で、そこでテストの感覚戻したり、反省したりして再度受験すると10点上がって160点、というのが2年連続でのパターン。
じゃ、全然上達していないのかと言うと話すときの自由感は年々増しているのですよ。今年初回受験時は言いたいことは全部言った感がありましたから。でも150点。
ここでの反省と考えたことをブログに書こうかと思っているうちに二回目を受験、結果が出てしまいさすがに旬を過ぎた感ありなのでここにまとめて書いておきます。まず、今回の結果はこんな。
まあ、もともとスコアを狙っているわけでなくて日々の上達度を測定するために受けているのでスコアを狙いに行くのは本末転倒なのですが、でもちょっとは欲が出たのと、あと実際に話すときには年ごとに話しやすくなってる感はあるのにスコアは何故安定しているの?って疑問もあったり。
で、ふと考えたわけです。スピーキングで出題される問題は「使い捨て食器を使うことのメリットとデメリットは?」とかホテルに勤務している設定で誰かが「間違えて、宴会場ダブルブックしちゃった。てへっ。うまいこと解決してくんない?」と言ってくるので、それに解決案を授けてあげたりとか、そういうのを短時間で考え出して、与えられた時間話し続ける必要があります。
で、考えたのですが、自分の考えていることを英語としてアウトプットする力は年々向上しているものの、そもそもの話す内容自体に自力で考える内容だけでは限界が来ているのではないか、と。仮に現状でネイティブ並みに頭の中のことを話せたとしてもその内容ではもう点が飛躍的に伸びることはないという可能性に思い当たりました。
そこで問題集の模範解答を眺めながら、話の展開のさせ方とか、提案するときの表現法とかを「これは、あと3年経っても自動的には身に付かないわ~」と思いながら覚えてみたのでした。
さらに2回目の受験を決めたときに思うところがあり、ライティング・テストも受けることにしました。ライティングはたまにFacebookに英文書いているし、実生活で海外から何か買ったり、届いたのが違ったりして交換希望したり、友人とメッセージやり取りしたりしているので、それ以上特にやらなくてもよいかと思った…というか、それ以上やることが思いつかなかったのですが、それよりも何よりも受験時のコンピューターにはスペルのオートコレクト機能がないことに思い至り驚愕。ま、テストですからね。仕方がない。改めて普段の自分を観察すると驚くほど正しいスペルを覚えていないことに気づきましたが、1ヵ月でどうにかなるものでもないので、ここは残りの日々を出来るだけオートコレクトに怒られないように注意を払って英文を書くよう意識しました。
あ、対策と言えばもう一つ、出題される問題は「これこれの旅行ツアーに申し込むに際してメールで問い合わせなさい。その際に質問文を2つ織り交ぜなさい」とメールを想定した文を書いたり、「子供の頃から外国語を学ばせることは有効か否か。その理由は?」と自分の意見を述べたり。なので、テスト対策を解説しているサイトを見て、メールの作法やエッセイの展開のさせ方を確認しました。作ったメモがこれ。
でも、このエッセイパートはスピーキングでも似たような問題が出るので、基本的には言うのか、書くのかの違い。自分の意見を述べてその理由や具体例を提示。だからスピーキング・テストの練習がこの問題への練習にそのままなっているだろうという気はしてました。私にはこのような問題の解答のために仮想の友人がおりまして、実際のエッセイでは仮想の友人(名前は次郎君)を引っ張り出し彼の実話と言う体で(要は創作)彼がいかに成功した人生を歩んだかを書きました。結局、First, Second, In conclusion, とか使わなかったので、メモなくてもよかったかも。こうなると自分の想像力、創作力のスキルが問われてますね。

自分の位置を視覚化するのにこんなグラフを昨年同様作りました。
さて、最後にいつも言ってることですが、私の英語のベースは中学と高校の授業で習ったもので(但し、もちろん今のように四技能とかコミュニケーション力重視とか言われる前)、アウトプットの基礎だってそれで十分であると感じています。もちろん、アウトプットにはアウトプットの練習が必要ですがそれは各自がやるべきことで、そのための基礎は学校英語で十分でしょう。

4/08/2019

TOEICスピーキングテスト受験@移転後の本郷会場

4月7日に実施されたTOEICのSpeaking Test(スピーキング・テスト)を本郷会場で受けてきました。何が難しかったかって、試験問題よりも会場に辿り着くのが難しかったです。路上でスマートフォン片手にウロウロしている人を数名見かけましたが、あれ、みんな、会場を探していたんじゃないでしょうか?本郷会場は4月から会場を今までの会場のそばの第2会場に移動したとのことで、ビルの外観はこんなです。今後受験される方、お間違えのなきよう。
この一ヵ月で取り敢えず問題集を一冊やり、解く際にはどの問題も時間を測ってました。まあ、本当にただ解いただけで、特に模範解答を見て復習することもなく、どうしても語彙不足、表現力不足を感じたときのみ調べるって感じでした。もともと試験時間の短いテストなので一日に費やした時間は30~45分ってところでしょうか。これとは別に話す機会を絶やさないようにしようと相変わらずSkypeレッスンは続けてて、でもこちらは特にテーマを設けて話すというわけでなく雑談。

さて、試験当日の話に戻りますが、私に割り当てられたコンピューターが最初の確認事項やデバイスのチェックの段階で応答を返さずに交換、さらに簡易的に作られていた仕切りが、固定用のテープが外れて倒れてくるなどありましたが、試験が始まってからは問題なく進みました。また仕切りが倒れてくるのではないかと、ずっと少し気になっていましたが。

試験問題に関しての細かな部分は去年受験した時のエントリに書いていますのでそちらを参照していただくとして、今回の問題は特に苦手を突かれたとか、想像外だったとかはなく(以前の時は解決策提示問題で提示されたお題がちょっと苦手なタイプ)大失敗はなかったろうと思います。ちょっとマイクの設定のせいか、録音される音が小さくそれは気がかりでしたが。回答の方針も今までと一緒。無理せず、自分の出来る範囲で話す。残り時間が7秒くらいになったら、どんなに話したりないと思っても締めに入る。あ、そうそう、写真描写問題はちょっと迷いました。結局、あの写真に写ってた人たちは何をしていたのか全くわからなかった。何してたのかなぁ。

TOEIC スピーキング・テストは6月からはメモ可となり、それに伴って準備時間も少し長くなりますから、現行ルールでの試験はあと一回ですね。単純に考えれば回答は楽になりますが、それはみんな同じなので、結果としてスコアはみんなあまり変わらないのか、また、問題は変更に伴って難しくなったりするのか、そもそもメモを取らないと回答できないようなものになるのか、気になる点もあるので年内にまた受けるかもしれません。

4/07/2019

たまにはお仕事のご報告

先日、都内のホテルである企業のパーティーがあり、そこで40分の演技をさせていただきました。会場にすでにプロジェクター、スクリーン、ケーブルが完備されているという天国現場で、おかげで私が準備するのはコンピューターとマジックの道具のみでした。プロジェクターがある場所でもステージ上の機材とコンピューターを繋ぐことは想定されてない場合もあるので(パーティー利用などを想定している場合はスタッフのオペレーション宅側に機材を繋げれば良いので)とてもありがたい環境で、スクリーンに映像を映しながら演じるマジックを数点、映像を使わないどちらかというと普通のマジックを数点。
また、その企業、その企業と取引のある会社の名前を使ってのマジックを一点。
40分というのは少し長めの構成で、いつもだと20〜30分で構成しています。これは、マジックが観ている側に集中力を要求するためで、つまり選んだトランプの名前を覚えておかないといけないとか、こっちに何があって、あっちに何があって、色は何色でと覚えておかないといけないとか、そのために観ている側が負担なく楽しめる時間がそれくらいなのです、ですから40分だといつもの演目の順とは違ったりと、色々「いつもと違う」点もあったのですが、無事故でした。
この機会を与えて下さった皆様、またご協力下さった皆様、ありがとうございました。

2/05/2019

センター試験英語(筆記)をやってみた感想

毎年恒例となりましたが(但し、去年から)、センター試験の英語(筆記)の問題をやってみました。まだ本家のサイトには問題は掲載されていませんが、検索したら予備校や新聞社などのサイトから問題を入手できると思います。
去年は200点満点中の180点でした。
そして、今年は198点。1問間違えました。何事もなかなかパーフェクトは難しい。間違えたのは第2問、問7。問題をそのまま書いちゃって良いのかわからないので似た問題を書くと、
Online shopping has become a popular (   ) of purchasing products and services.
1) mean
2) meaning
3) means
4) meant
上のカッコに入れる単語を選ぶという問題。答え合わせのときにじっくり見たら、そりゃ答えは(3)なのですが、解答中はパッと見てさっと書いてしまったらしく(1)を選んでました。あ〜。

他にもなかなか面白いと思うものがあり、例えばこれもオリジナルをアレンジしますが、
I was (  ) when I watched a totally (  ) ending of the movie.
1) shocking / surprising
2) shocking / surprised
3) shocked / surprising
4) shocked / surprised
現在分詞か過去分詞かって話ですが、これ、最初のカッコ用の選択肢で、もしsurpriseを使っていたらbe surprised atはみんなが丸暗記する塊の代表格ですから脊椎反射で答えられてしまう可能性が上がるわけです。でも一方でI’m excited.と言うべきところをI’m exciting.と言ってしまうミスは散見しますから、理由がわかってない層も存在してるってことですよね。この問題では、その辺りを理由がわかった上で選べるかが問われています。2つめのカッコはこれまたbe surprised atからsurprisedがもはや形容詞とほぼ同一視できると考えてしまって、そもそもの動詞としてのsurpriseの意味を見失うと不正解を選んでしまうことがあるかもしれません。

さて、もう1問だけ。
The detective told me (  ) the situation as (  ) as possible.
1) describing / accurate
2) to describe / accurate
3) describing / accurately
4) to describe / accurately
前半はいいでしょう。tell 人 to doは多くの人が知っているはず。問題は2つ目のカッコ。中学のときに出てきたアレです、が、大抵、最初に触れる例文は背の高さ比べあたりで
Taro is as tall as Ellen (is).
みたいなやつ。他にも花が何かと同じくらい美しかったり、太郎君が次郎君と同じくらい賢かったり。つまりasとasの間に来るのは、まずは形容詞。まあ、ここまではもちろん基礎を学ぶ上で必要なので良いのですが、次に副詞も入りますよと教わるときに、よく目にする例文はこんなの。
Taro runs as fast as Ellen.
そうでなかったら走らないで泳ぐとか。注目すべきはここでのfastは形容詞でなくて副詞なのですがfastって形容詞も副詞も同じ形してますから、そのあたりの区別を意識しづらい。でもTaro runs fast.って言ったらそのときのfastは副詞です。学校でその点も教わるのですが、区別が曖昧なまま覚えてしまうと感覚的にasとasの間には形容詞しか入れられなくなってしまいます。しかも音節が多いaccuratelyなんかだと、何となくで選ぼうとすると、どうしてもこのlyが余計に感じられてしまうことがありそうです。でもdescribe the situationを修飾するのは形容詞でなくて副詞で、何故ならdescribe the situation accuratelyとなるべきだから。as 〜 asがないときの大本の文で考えたらわかりやすい・・・はず。as 〜 asの話はYouTubeにアップしているマジックに使う英語の解説動画でも「好きな枚数だけカードを取って下さい」の表現のときに触れました。「あなたが望むのと同じ枚数だけカードを取って下さい。」と言えばよく、使う単語とその語順はas 〜 asの有無では基本的に変化しません。


批判にさらされることが多い、学校英語ですがこういった問題を眺めても、よく出来ていると思います。観光で海外に行っても大抵は単語の羅列で何とかなってしまうものですが、もう少しつっこんだ話を、単語をテンプレートにはめるだけでなく自分から文を構築してしたい場合は、こういった理解は必要だと思います。逆にこれくらいの知識があれば、今は話せなくても話す練習をしたら話せるようになるでしょうし、あ、マジックの本や記事も割と読めると思います。

8/08/2018

ミッション:インポッシブル フォールアウト観てきました

ミッション:インポッシブル フォールアウトを観てきました。

格闘シーンのアクションの振り付けはなかなか好きなタイプです。マトリックスあたりからハリウッドの格闘シーンの振り付けが香港アクションの影響を受けたようになっていますが、完全にカンフースタイルになってしまうこともなく落としどころを見つけた感じ。カメラの寄りと編集でスピード感を出す手法は相変わらずではありますが。
常々このシリーズのアクションは自分でこなしていると言っていたトム・クルーズですが私はちょっとそれを今まで信じてなくて(<根拠なし)、宣伝効果を考えた発言なのだろうと思ってたんですが、今回すでに公になっているメイキングのいくつかを見て、…うん、今まで疑っててごめんね。
HALOジャンプ、自分で飛んでます。それをしっかり捉えるカメラマンも凄いですが。
あるキャラクターを追いかけるために走って走って、ビルからビルへジャンプするのも自分でやってます。もちろん命綱は付けていますが、でもそこで足首を骨折。メイキングでは壁に当たった足が痛い方向に曲がってるのを見ることが出来ます。
その他にもバイクチェイスもトム自身、ヘリの操縦もわざわざ2000時間のトレーニングを受けてトム自身。かつてのジャッキー・チェンを見るかのようです。まあジャッキーはジャッキーでアクションを自分でこなすだけでなく、アクションシーンのオリジナリティ、クリエイティビティが優れているわけで、単純比較はできませんが、とにかく自分でやるという意気込みはトムも負けていないのでは。
映画そのものもかつての香港映画のようにアクションを見せるためにストーリーを後付けで作ったかのような構成で、このアクションを見せたいからストーリーをこんな風にして、そのあとはこんなアクションやりたいから、だったらストーリーをこっちに持って行こう、という感じ。話はあってないようなもの、というか、正直よくわからないというか、展開がくどいというか。でもそれもアクションに最低限の正当性をつけるためと考えると納得できます。…と思ったら本当にこの映画はアクションありきで撮影していて台本すらないままに撮影が進んでいったらしいとさっき知りました。まさに往年の香港映画。
あとは足りないのはエンドクレジットのときのNGシーン集だ。